スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本日の処方箋:劣性遺伝
父親に似て、足の裏の皮が厚いのです。とても厚いのです。これは密かなコンプレックス。
父は、剣道をやっていたせいだと言っていましたが、違います。剣道をやろうがやるまいが、父の足の裏はああなる運命だったのです。竹刀をろくに持ったこともないわたしがこうなる運命だったように。
そしてその厚い皮は、季節の変わり目になるとぽろぽろと剥け始めます。特に、万物が萌ゆる春。ここぞとばかりに、足の裏は脱皮を始めるのです。それはもう惨憺たる光景です。知らない人が見たら、きっと水虫か皮膚炎だと思うでしょう。

でもこれは、単なる脱皮なのです。毎年毎年繰り返される季節のセレモニーなのです。こんなセレモニーまで、父親ゆずり。

A型とO型なら、A型が優性遺伝。B型とO型でも、B型が優性遺伝。耳垢の湿っているのと乾いているのなら、乾いているのが優性遺伝。※正しくは「湿っているのが、優性遺伝」です。2006/02/05訂正

「足の裏の脱皮」について、優性劣性があるのかどうかもわかりませんが、個人的には、絶対「劣性遺伝」と断言します。

本日の処方箋:劣性遺伝
 お薬の種類:抗鬱剤

劣性遺伝に効く処方箋が欲しいところで、本日休診。
| 抗鬱剤 | 02:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:48 | - | - |
nameさん、ご指摘ありがとうございマス。
小学校のときの記憶に頼るとダメですね…反省しました。

おまけ
最近、新聞で耳垢が投薬の判断材料になるかも、といった記事を見かけました。
日本人だと16%くらいしか湿性じゃないらしいんですが、世界的には80%くらいが湿性なのだとか。優性、劣勢を勘違いしたのは、ここを履き違えていたようです。失礼いたしましたん。
| 内服 | 2006/02/05 12:15 AM |

>耳垢の湿っているのと乾いているのなら、乾いているのが優性遺伝

逆です。
| name | 2006/02/04 3:55 PM |

ぱんださんは、脱皮しないのですね、ざんねん。
いいものですよ、脱皮も(強がり)。

忙しいと思いますので、作業、無理しないでください…。ゆるーりと。
でも、えらいっ(褒めてみました)。
| 内服 | 2005/03/10 12:54 PM |

何だかこういうエントリーを読むと安心します。
いや、僕が脱皮するとかじゃなくて。
作業はちょっと進みましたよ、誉めてください。
(図々しくてゴメンなさい。。。)
| ぱんだ | 2005/03/10 1:27 AM |

お仲間発見でちょいと嬉しいです。

わたしも「頭皮」なったことあります。
しかも10代の多感な(?)時期に。
しかも紺色の制服の時代に…。
足と違って、隠せないのが辛かったです。

全体的に乾燥肌が原因ぽいのですが、
頭皮のときは、中国の油か何かをつけていたら
おさまった覚えがあります。
| 内服 | 2005/03/10 12:38 AM |

こういう現象、私にもあります。

私の場合はここ何年かで、季節の変わり目に「頭皮」が脱皮するようになってしまいました。
きちんと清潔にしていてもポロポロと大きめの頭皮がちらほらと・・。
そう、それはまさに不潔な人のように・・・。

なのでその時期は、なるべく頭皮が見えないように、髪がゆらゆらしないように、ばしっと髪を一括りにするしかなくなります・・。
でも人と会うときはかなりドキドキします・・。

でも、こういう人、結構いるみたいです。
| アポロ | 2005/03/09 3:58 AM |










http://uchifuku.jugem.jp/trackback/91
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+RECOMMEND
Earth Division
Earth Division (JUGEMレビュー »)
Mogwai
雨の日とか、夜とか。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ