スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本日の処方箋:ホワイトバンド Yahoo公式ブログ
先月、葛藤と愛憎を吐露したホワイトバンドですが、ここ1ヶ月ほどの間に周囲のホワイトバンド人口がめきめき増えています。

さて先日、飲み屋でとあるNGOの人とお話する機会がありました。
その人も腕にホワイトバンドをしていたので、率直に「同じNGOという立場から見て、今回の活動はどんな評価ぞな?もし」と聞いてみたところ、ちょっと面白い話を聞きました。

今回の一連のキャンペーンには、元電通の前北美弥子さんが関わっているのだとか。後で前北さんについて検索してみると、コピーライター・CMライターとして数々の賞を受賞した人。
納得です。

今回のホワイトバンドのプロモーションで、どこか胡散くささのようなものを感じていたのは「プロモーションのウマさ」なのです。かつて日本のNGOが、ここまでのことをやったことがあったかね、と。公共広告機構のCMだって、ここまでクオリティの高い、メディアミクスなんてしていたかね、と。
そんな「今までと違う」感に戸惑っていたのです。

しかし、宣伝のプロが携わっているとなれば、話は別です。あの見事なまでに日本人の心に訴えるアプローチ。ホワイトバンド人口が、見る見るうちに2〜3倍※内服周辺分布に増えたのにも納得いくというわけです。

前北さんとホワイトバンドについては、詳しいことがわからないので何とも言えませんが、NGOの広告の可能性に挑戦しているという前北さん個人の力がここまでのキャンペーンに発展したのだとしたら、別の意味でもわくわくします。これは、ホワイトバンドの可能性であるだけじゃなく、NGOの可能性でもあるし、広告の可能性でもあるし、個人の可能性でもあるわけで。

9月1日には「ホワイトバンドプロジェクト」のblogが、Yahoo公式blogになったそうです。
コメントもできるようになっているので、ぱっと見ただけでも大変そうだなぁという感じですが、都合の悪いことも含めて誠実に対応を続けていってくれたら素敵だと思います。

マスを取り込むことは、取りこぼしたマスを敵に回すことでもあるわけで。この後、どう定着していくのか。誰かが特別「このホワイトバンドが」と良くも悪くもコメントしなくなるまで。これからが正念場なのではないかなという気もします。

そうそう、ホワイトバンドに「キッズサイズ」が出たそうです。スモールサイズの需要があったということで、こういう柔軟な対応ってサービス業っぽくてなかなか良いじゃないかとは思いますが、果たして「キッズサイズ」は必要なんですかいな。

今回のホワイトバンドの趣旨は、あくまでも「意思表明」であって「募金」ではないはず。実際、売上金はNGO活動資金にはまわるものの、現地への募金にはならないわけで。※ホワイトバンド公式サイトmoreFAQにて確認
その「意思表明」を選挙権のない子どもにさせる必要があるんですかいな。子どもからの要望が多かったということなら、ありだと思うんですけれども。

ホワイトバンド云々は別にして、社会的なというか政治的なというか、そういった公に関わる親の考えを子どもに押し付ける、というのは個人的に「それってどうなん?」という気がします。ま、そういったしがらみの中で子どもは育っていくわけなんですけれども。

9月4日追記:
選挙投票日前日の集会の件で、特定の政治的なつながり云々も取り沙汰されているようです。
なんで、大人の世界ってこんなにややこしんですかいな。考えるのやめて、募金したくなってきちゃうじゃないですか。大人失格。

本日の処方箋:ホワイトバンド Yahoo公式ブログ
 お薬の種類:睡眠薬

今日もまた夜が明けます。白々と本日休診。
| 睡眠薬 | 06:26 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 06:26 | - | - |
anonymousさん、ありがとうございます。
匿名ながらコメント、感謝です。

イギリスの武器輸出の件とピースボートの資金源疑惑については、
目にしながらも追っかけるのをやめてしまっていたので、
> ・「どこか胡散くささのようなものを感じ」たらそこで思考を終わらせないw
に、どきりとしました。
ほんと、そうですねぇ。

ただ日本の今回の活動とイギリスの活動が、
良くも悪くも噛み合っていない印象を受けるので、
イギリスの目的が果たして日本の活動の主催者に
どのくらい受け継がれているのかっていうのは、
疑問なんですけれども。

とりあえず、こそりと覗き続けようと思います。
ゆっくりと。思考停止しない程度に…。
| 内服 | 2005/09/09 3:13 AM |

「プロモーションのうまさ」が隠していること

債権放棄>浮いたお金で武器を買う>部族対立から内戦へ>難民発生>貧困発生

アフリカに武器を売っているのはイギリス,アメリカ,ロシア,フランス,中国 etc.

このムーブメントの本拠地はイギリス。

まとめ
・貧困は結果。原因ではない。
・「どこか胡散くささのようなものを感じ」たらそこで思考を終わらせないw
| anonymous | 2005/09/08 2:55 PM |

Orgさん、どうもです。

> 何人かには確実に植え込んだだろうという良い面だけは評価したい

そうですね。
それに加えて、新聞や2ちゃんも含めて
色んな議論がされているのは、それだけで
今までにないことだと思いますし…。
自分も含めて「今まで考えなかった人間が考える」
ようになっただけでも、凄い影響力。

> 300円で買うのは心意気だけで充分

本来は、そうなんだと思います。
活動資金にひとくち出しますよってことで。

でも、アクセサリとして買う人がいても
それを批判する人がいても
募金だと思って買う人がいても
それを「騙されてる」という人がいても
傍観しつつ買わない人がいても
それを「行動しろよ」と諭す人がいても
色んな人がいて、それはそれで良いかなと。

なんかそういう色々が出てくる世の中なら
いいかなって気がします。
ちょっと本題からずれちゃいました。
すません。
| 内服 | 2005/09/06 2:37 AM |

寄せて返す波も全てが海に返っては行かない訳で、今回の事で"そういう事態になっている人間がいる"ってのを何人かには確実に植え込んだだろうという良い面だけは評価したいと考えています。

頑張ってる奴らがいるのなら、諸所の事情を割り引いても買っていいかとは思いますが、恐らくイチイチ付けません。私だけが判ってればそれでよし。

300円で買うのは心意気だけで充分じゃないかと思ったり。ちょっと暴言。
| Org | 2005/09/06 12:48 AM |

やまめさん、ありがとです。
奥が深すぎてというか、思惑が絡まり過ぎてて、調べれば調べるほどよくわからなくなるんですけどね…。
自分の無知さに乾杯。

とりあえず今調べた限りでは「ホワイトバンドをする」=「ODAの援助金を増やすための税金を私は負担します表明」のはずなんですよね。だから税金増やしてOKよ!みたいなね。

でもそれは、あんまり理解されずにシリコンのバンドが一人歩きしちゃってる感じが、危うげではあるなぁと思います。わたしは、やっぱり考えがまとまらないので、ホワイトバンドは買いませんけれども。自分なりの何かをしたいもんです。ぁぃ。
| 内服 | 2005/09/05 3:11 AM |

なるほど!私もおおきく膝を打ってしまいました。
そうだ、たしかにあれは広告戦略なんだ。凄い。

それに踏み切ったNGOや前北さんにはとても天晴と思うし好感をもつけれども、私はやっぱり「ホワイトバンドをつけている人たち」の雰囲気が苦手だなと思うです…。これについてはまた個人的に思うところがあるからですが。

こんな風に「なんかヤダ」というだけでスッパリキッパリ遠ざかる私もまだまだ大人には程遠いっす_| ̄|○
理解はできるようにしたいですね。
| やまめ | 2005/09/04 10:27 PM |










http://uchifuku.jugem.jp/trackback/136
ほっとけないのは本当のことわかりにくくしていること〜”ほっとけない 世界のまずしさ”〜
日経朝刊で取り上げられたことから、なんか騒ぎになっているようだ。 この件についてもできるだけごまかさないで考えてみる®必要があるようだ。 ■”はてな”に寄せられた素朴な疑問 はてな ホワイトバンドについての質問です。http://www.hottokenai.jp/正直、私
| MyPersonalLinks+ | 2005/09/05 6:03 PM |
単なる「活動費」のホワイトバンド
ホワイトバンド。 かなり浸透しています。 町中でも、よく見るようになりました。   でも、これって。。。 「世界の貧困をなくすためのプロジェクト」 なんですよね ??   でも、この費用が   援助金としては全く使われていないのはご存知です
| ボソっと言ってみっか・・・ | 2005/09/05 12:37 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+RECOMMEND
Earth Division
Earth Division (JUGEMレビュー »)
Mogwai
雨の日とか、夜とか。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ